読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼の居ぬ間に睡眠

ゲームと漫画が生きがい

【書評】りゅうおうのおしごと

このライトノベルがすごい! で1位ということで読んでみた(ニワカ)
結論から言うと最高に面白いので3巻まで読もう。


りゅうおうのおしごと!3 (GA文庫)




内容としては最年少で竜王となった主人公を起点とした、将棋のお話。
ライトノベルだけあり、祖父との付き合いで遊んだ程度でも
難なく読めるくらいにはわかりやすく描写されている。
戦法とかも出てくるので、知ってればより楽しいかもしれない。

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

1巻の表紙に出ている通り、メインヒロインは小学生と色々危うい設定。
そこらへんで拒否感ある人はあんまり向かないかもしれない。
呼んで欲しい3巻のメインキャラクターは25歳なので耐えるのもいいけど、
合わない作品って読んでて苦痛なのですぱっと諦めるのが建設的。

竜王になってから伸び悩む主人公と、
内弟子となったあい(や、その周囲のキャラクター)の成長物語といった感じ。
対戦ゲーを嗜む自分にとっては、
勝ちたいから将棋やってるとか、負けた時泣き叫びたくなるくらい悔しい
といった描写は凄く感情移入できた。

で、肝心の3巻だけど、
将来の進路に悩む人にはかなり刺さるテーマとなっている。
作者が一番書きたかったテーマとあとがきで書くだけあって、熱量が凄い。
あまりの熱量に時間を忘れて読み老けてしまった。
なるべくネタバレを避けたいのであまり内容には言及しないけど、
転職が選択肢に入る20台後半~30台中盤にはぶっ刺さりな気がしてならない。

先週最新刊の5巻とコミックス版の4巻が出たので、勢いも中々。
アニメ化も近い気がするけど、
ハルヒや俺ガイルのように新刊の音沙汰がなくなるパターンが怖い。